名古屋で相続・遺言に強い三輪総合法律事務所弁護士:三輪陽介

メールでのご相談の方はこちら

お問い合わせフォーム

無料相続のご相談の方はこちら

052-533-2666|平日:10:00〜18:00 (休日は土日祝日)
メールでのご相談の方はこちら|お問い合わせフォーム
無料相続のご相談の方はこちら|052-533-2666
交通事故に関するご相談はこちら
HOME
PageTop
みんなの疑問!①

そもそも相続って
遺言っていつ書くの

「まだ若いので遺言など作成しておく必要はない。」
「家族の仲がいいので、遺言を作成しなくとも、家族で仲良く話し合って遺産を分けてくれるはず。」
という方が多いかと思います。
しかし、相続の問題は、誰にでも、突然やってきます。
相続において大切なことは、事前にしっかりとした対策を講じておき、相続に関するトラブルの発生を未然に防ぐことです。

もっと詳しく
弁護士 三輪陽介 相続対策なら名古屋駅前 三輪総合法律事務所 が便利です! 弁護士について 無料相続相談 GO!

弁護士 三輪陽介

相続について

相続のポイント①相続税制の改正により、相続は他人事ではなくなりました

 平成25年、相続税制の改正があり、平成27年1月1日以降に発生する相続については、「基礎控除額」は3000万円に600万円×法定相続人の人数を加えた金額と大幅に引き下げられ(従前「基礎控除額」は5000万円(定額)に1000万円 × 法定相続人の人数を加えた金額でした)、課税対象者が増えることになりました。
 これまでは、「相続税が課せられるのは富裕層だけではないか、多額の遺産を残した方だけではないか」などと考えていたかたも多かったかもしれませんが、今後は相続税が課される範囲が増大し、決して他人事ではなくなると考えられます。

相続のポイント②無用な争いを防ぐためにも、しっかりとした相続対策が必要です。

 近年、高齢化社会が進み、これに対応して遺産分割や遺言書にまつわるトラブルが頻発しています。例えば、生前にしっかり相続対策をしておけば全く問題がなかったにも関わらず、遺言書を作成していなかったため相続人間で遺産分割協議が難航したり、遺言書をせっかく作成しても遺留分に配慮していない遺言書を作成したために遺留分減殺請求権を行使され、遺言書が原因で逆にもめる場合もあります。
 このように生前に相続対策をしていないため、後日、仲の良かった相続人同士で無用な争いが発生するようなことも数多く見受けられます。
さらに、折角、遺言書を作成したにも関わらず、自筆遺言証書の要件を欠いていたり、極めて高齢となってから遺言を作成したばかりに認知症が発生していたなどと遺言能力に問題があるなどと主張され、遺言の効力が争われる場合もよく見受けられます。
 このようなことにならないためにも、将来のことを想定し、可能な限り早期から、しっかりとした対策を行っておく必要があります。
また、仮に、相続人間で遺産をめぐる紛争が発生しまった場合には、法律の専門家である弁護士とともに、法的知識を共有しながら、二人三脚で事件を解決に導く必要があると考えられます。
 さらに、相続放棄や遺留分減殺請求など、法律で期限を決められていることも多く、期限が経過すると請求等できなくなることがあります。

相続のポイント③正確な知識を備えることが大切です。早めに弁護士にご相談ください

 当事務所では、被相続人の死後、相続人間の無用な争いを未然に防止するために、可能な限り早めの相続対策を行うことをお勧めし、死後トラブルが発生しないようアドバイスを行っています。具体的には、後日、相続人らに無用な争いが発生しないような公正証書遺言書を作成したり、また相続税対策については提携している税理士をご紹介して行うこととしています。また、仮に、被相続人の死後、遺産分割や遺留分を巡る争いが発生した場合には、可能な限り、依頼者様の利益になるように、最善のサポートをしてまいります。
 具体的には、遺産や相続人の調査、遺言書の内容の精査や、特別受益、寄与分等の検討をし、相続人間での話し合いによる解決を模索するとともに、場合によっては遺産分割ないし遺留分減殺請求調停、審判等の追行など、依頼者様に寄り添い、最善の努力をしてまいります。

相続のポイント④初回相談は無料です。相続に強い三輪総合法律事務所へお任せください。

 当事務所は、名古屋市のJR名古屋駅近くに事務所を構え、名古屋市内や愛知県内はもちろん東海三県(愛知・岐阜・三重)及び中部地区を中心とする近隣の都道府県(滋賀、福井、長野、静岡など)の皆様のご相談を多く承っています。また遠方への出張での法律相談も受け付けています。また、相続の法律相談については、初回無料とさせていただいています。
 相続にまつわる法律問題については、是非、当事務所にご相談をいただきたいと思います。

この他にも、相続の大切なポイントを、
弁護士の目線で解説いたしました。
みんなの疑問!②

相続っていつから
から始まるんだろう

相続は、被相続人の死亡により始まります。
この相続の開始時期は、相続をめぐる様々な問題の基準となり、非常に大切ですので、しっかりと確認をしておきたいと思います。

もっと詳しく
みんなの疑問!③

相続大切な事

「まだ若いので、遺言など作成しておく必要はない。」
「財産がほとんどないので、我が家には関係がない。」
「家族間の仲がいいので、遺言を作成しなくとも、家族で仲良く話し合って分けてくれるはず。」
と思われている人が多いと思います。
しかし相続の問題は、誰にでも、突然やってきます。大切なことは、
「事前にしっかりとした対策を講じておき、相続に関するトラブルの発生を未然に防ぐ」ことです。
生前においては、遺言書を作成しておくことが大切です。

もっと詳しく
みんなの疑問!④

相続承認放棄

被相続人が死亡して相続が開始すると、相続人は相続開始の時から被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継することになります(民896条)。
しかし、相続により承継するのは資産だけでなく借金も含まれますので、仮に被相続人が債務超過の状態で死亡した場合は、相続人は不利益を被ることになります 。
そこで相続人には、被相続人に属する資産・負債(借金)を承継するか(相続の承認)、拒否するか(相続の放棄)を選択する権利を認められています。
そして相続の承認には、被相続人の権利義務を無限に承継する単純承認(民920条)と、相続によって得た財産の限度でのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済するという条件付で相続を承認するという限定承認があります(民922条)。

もっと詳しく
弁護士 三輪陽介

このような相続に関する
ご相談はお任せください!

相続問題は、誰にでも、いつか起こりうる問題です。
人と人とのきずなを守ることが私たちの使命です!

もっと詳しく
その他の相続に関する疑問にも
私たちがお答えさせていただきます。
みんなの疑問!⑨

遺言とは

遺言がない場合、遺産は民法の定める相続分に応じて法定相続人が相続することになります。
様々な遺産が複数ある場合には、相続人間で、分割方法について遺産分割協議をして決定しなければなりません。
他方で、遺言がある場合は、その内容が何より優先されることになります。
生前特に面倒を見てくれた相続人に法定相続分と異なる割合で相続させることができますし、 相続人間の公平を考えながら分割方法を指定しておけば遺産分割をめぐる紛争を事前に予防できますし、 その後の相続手続も円滑に進むと思われます。相続人としては、遺言書がないか、必ず確認をしておく必要があります。
そこでここでは民法の定める遺言についてお話したいと思います。

もっと詳しく
弁護士 三輪陽介

このような相続に関する
ご相談もお任せください!

相続問題は、誰にでも、いつか起こりうる問題です。
人と人とのきずなを守ることが私たちの使命です!

もっと詳しく
また、参考までによくある質問を
まとめさせていただきました。
Q1
電話での法律相談は受付けていますか?
A
申し訳ありませんが、当事務所では、弁護士による電話相談は受け付けておりません。
ご相談をご希望の方は、メールまたは電話(052-533-2666)にて事前にご予約をいただいたうえで、当事務所にお越しいただくことをお願いしています。
>>お問い合わせフォーム
Q2
相続問題について解決するために弁護士費用はいくらくらいかかりますか。
A
弁護士費用には事件を着手する際にかかる着手金と事件の終了時にかかる成功報酬とがありますが、相続の各手続によってそれぞれ決められています。
>>相続の手続き
Q3
相続人が、遺産を相続できる割合は、どのようになっていますか。
A
相続人が複数いる場合に、各相続人が遺産を相続する割合を、「相続分」といいます。
遺言により各相続人の相続分を指定する場合などによりして定められた相続分を「指定相続分」といます。
このように遺言などがない場合に法律が定める相続分に従い相続されることとなりますがこの相続分を 「法定相続分」といいます。「法定相続分」は民法に規定されています。
>>相続人と相続分
もっと詳しく

ニュースキュレーションPowered by BEAT-FREAKS Inc.

 2019.07.24 【名古屋駅前の弁護士 三輪陽介(三輪総合法律事務所)のブログ】

『遺産相続 後継ぎ遺贈型受益者連続信託』

名古屋駅前の弁護士の三輪です。 前回は、法改正があり、近時利用が増加している「遺言代用信託」及び「後継ぎ遺贈型受益者連続信託」のうち「遺…

ブログを更新しました。 『遺産相続 後継ぎ遺贈型受益者連続 …続きを読む>

 2019.07.24 【名古屋駅前の弁護士 三輪陽介(三輪総合法律事務所)のブログ】

『交通事故 逸失利益 転職後で給与額が低い場合』

名古屋駅前の弁護士の三輪です。 交通事故により死亡事故が発生した場合、逸失利益(すなわち事故の被害者が事故にあわなければ得たであろう収入)の損害の請求をする…

ブログを更新しました。 『交通事故 逸失利益 転職後で給与 …続きを読む>

 2019.07.24 【名古屋駅前の弁護士 三輪陽介(三輪総合法律事務所)のブログ】

『遺産相続 後見制度支援信託』

名古屋駅前の弁護士の三輪です。 前回は、法改正があり、近時、利用が増加している「遺言代用信託」及び「後継ぎ遺贈型受益者連続信託」につい…

ブログを更新しました。 『遺産相続 後見制度支援信託』 …続きを読む>

 2019.07.24 【名古屋駅前の弁護士 三輪陽介(三輪総合法律事務所)のブログ】

『交通事故 逸失利益と退職金』

名古屋駅前の弁護士の三輪です。 交通事故により死亡事故が発生した場合、逸失利益(すなわち事故の被害者が事故にあわなければ得たであろう収入)の損害の請求をする…

ブログを更新しました。 『交通事故 逸失利益と退職金』 …続きを読む>

 2019.07.24 【名古屋駅前の弁護士 三輪陽介(三輪総合法律事務所)のブログ】

『KITTE名古屋 星のクリスマス』

名古屋駅前の弁護士の三輪です。 さて、今年、当事務所の近くに「KITTE名古屋」が開店したことはお話ししましたが、今回が初めてのクリスマスです。 クリスマスイ…

ブログを更新しました。 『KITTE名古屋 星のクリスマス …続きを読む>
もっと詳しく

ご相談・ご契約までの流れ

弁護士による相談

ご相談の日時が決まりましたら、必要資料をご用意のうえ、当事務所までご来所ください。経験豊富な弁護士がご相談をお受けします。
ご相談の際には、解決に向けた今後の方針、弁護士費用の目安などについても丁寧にご説明します。ご持参いただく必要資料については、下記のリンクからご確認ください。

委任契約の締結

ご相談の際に提示させていただく解決への方針、弁護士費用の目安などにご納得いただけましたら、後日ご契約をいただきます。
契約書や委任状等の書類を郵送させていただきますので、ご記入・ご返送をお願いします。問題解決までは長い道のりとなりますが、弁護士とともに頑張っていきましょう。